暁投資顧問

武漢都市封鎖からまもなく1年

世界の新型コロナ感染者数は累計1億人間近

 

 

どうも、平下です。現在2021年1月19日14時01分。

昨年1月23日に中国武漢が都市封鎖に踏み切ってから間もなく1年が経ちます。

当時は2002~03年にかけて中国を中心に流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)と比較されており、

市場参加者の多くは新型コロナウイルスを問題視していませんでした。

市場がそれを深刻視し始めたのはそれから1ヶ月ほどして、欧米での感染拡大が確認され始めたあたりからでした。

ただ、株式相場が新型コロナ感染者数を悪材料と判断したのは昨年2月下旬~3月下旬迄の正味1ヶ月程度でした。

その後は第2波懸念や欧州のロックダウンを受けて小幅に下げる場面もありましたが、殆ど悪材料視されていません。

寧ろ、昨年4月以降の株価指数を見る限り、新型コロナウイルス感染者数増加と株高が連動しています。

ジョンズホプキンス大のHPで確認出来る統計データを見ると、

きょうの時点で世界の新型コロナウイルス感染者数は累計9554万人。

・・・これでNYダウが31000ドル、日経平均株価29000円付近まで上昇しているのが現実です。

一時は日本は感染者数が少ないから日本株が買われているという声もありました。

しかし、世界の感染者数のうち25%を占める米国株が買われまくっている状況を見ると、

これはもう新型コロナウイルス感染者数増加=株高と言って良いでしょう。

実際、いまは多くの方が「新型コロナウイルス感染者増加=株高」「新型コロナ収束=株安」と口にしています。

具体的には新型コロナウイルス感染者増加が株高を齎すのではなく、

新型コロナウイルス感染者数増加によって実態経済が傷めば金融政策・財政政策が拡大・長期化するから株高になる、

というロジックですが、いつまでもそんなウマイ話が続くのだろうか?という気がしないでもありません。

気になる兆候は幾つかあるのですが今は完全に無視されています。

昨年4月からの約10ヶ月間、そうした懐疑心を燃料に延々と上昇が続いて来ましたので感覚が麻痺しそうになりますが、

トレンドを意識するにしても“長期的な買い場ではない”という前提で動きたい局面ですね。

 

暁投資顧問 平下

 

******************************
暁投資顧問では・・・株式予想とテクニカル分析・ファンダメンタルズ分析を
動画で行ってます!YOUTUBEのチャンネル登録
https://www.youtube.com/channel/UCOfzLmXpI3qmZfV7_Cs1sYA

最先端のマーケット解説と、即日騰がる!動画銘柄、
即日利益の先物・オプション動画ポジションで

暁投資顧問の実績

暁投資顧問に寄せられたお客様の声

******************************

株ブログ運営 暁投資顧問からのお知らせ

電話番号

私達暁投資顧問投資の寺子屋が負けない投資家へ育てます。
まだご入会検討中の方はお客様の声、投資顧問にご入会された先輩方の生の声聞いてみませんか??
各コースの概要とサンプルアドバイスはこちらからどうぞ。
お試し入会はいつでもどうぞ!クーリングオフで徹底的にフォローします!返金します!

300件以上を超えるお客様の声はこちらから
全て見ることができます☆

https://akatsuki-toushi.com/voice/

 

常に満員!暁投資顧問のリアルセミナーの様子はこちらからどうぞ!
※セミナー写真

 

にほんブログ村 株ブログへ

 

いつもブログにアクセスして頂きまして ありがとうございます。
もし今日のブログ記事が投資の参考になりましたら大変お手数ですが
こちらのバナーをクリックして暁投資顧問の応援をして頂けますと幸いです。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

youtube
無料メルマガ登録
無料メルマガ登録